お金を借りるなら在籍確認をしないカードローンから借りたい

 

お金を借りる時は、誰もが家族や職場にバレずに借りたいと考えますよね。

 

今の時代、自動車や住宅のローンや奨学金を返済しているサラリーマンは多いはず。

 

銀行や消費者金融からお金を借りるのはそんなに恥ずかしいことではありません。

 

多重債務で苦しんでいる人は例外ですが・・。それでも在籍確認されたくないという方のために、在籍確認をせずにカードローンを利用できるのか調べてみましょう。

 

カードローンを申し込むとき在籍確認はあるか

 

大手の消費者金融や銀行のカードローンを申し込みをする際は、絶対に在籍確認の確認は行います

 

窓口でのやり取りよりWEBで申し込む人が多くなり、申し込みをした人の情報が正しいかどうか、確認するのはごく当たり前のこと。

 

「退職をした会社名を記入」、「採用先の会社の情報を記入」など、お金を借りたい一心で嘘の報告をする人が多いと審査にも影響がでてしまうため、
「情報の通りの会社に現在勤めているか」を確認するために電話で確認をしているのです。

 

お金を貸す側の消費者金融や銀行も借りる側の気持ちを心得ており、在籍を確認する際は消費者金融や銀行の名前を出して対応はしないとのこと。

 

事例によると消費者金融の場合は、「〜〜と申しますが、●●さんはいらっしゃいますか?」
銀行の場合は、「▽▽▽銀行の〜〜と申しますが●●さんはいらっしゃいますか?」など、怪しまれないような配慮はしてくれるので、審査の前に、電話を控えてほしい時間など細かい要望を伝えておくと良いでしょう

 

とは言え、「〜〜幼稚園」と名乗ってほしいなどという無理難題を押し付けるのはやめましょう。

 

在籍確認なしでカードローンを組めないの?

 

上記のとおり、在籍確認なしでカードローンを組むのは不可能に近いです。

 

ですが、電話以外の方法で在籍確認をすることが可能な場合もあります。
WEB上で在籍確認が済むのですが、それが可能なのがモビットアイフル
少し面倒な手間が必要ですが、身分証明証と収入があることを証明する「源泉徴収」を事前に用意をして、スマートフォンのカメラ機能で撮影をしてWEB上のフォーマットやメールで添付をすると、書類が在籍確認とみなされるようです。

 

プロミスアコムもこの方法を採用していますが、借り入れの金額の度合いによって電話での在籍確認をするとのこと。

 

銀行のカードローンについても、申し込みの際に源泉徴収などの収入証明書の提出が必要な場合は在籍確認の電話はしない可能性が高いのです。

 

三菱東京UFJ銀行のカードローンの「バンクイック」を例にとると、申し込む段階で本人確認となる「健康保険証」をスマートフォンで撮影して添付します。その画像を見て在籍確認をしているため、銀行から電話もなく審査が通れたという事例はよくあります。

 

会社に在籍がわかる書類を用意を

 

在籍確認の電話を避けるために、身分証明証に自動車の運転免許証を利用する人が多いと思いますが、会社名ど自分の名前と住所を記載されているのであれば「健康保険証」を利用すること。

 

銀行のカードローンを使うために口座を開設するなど給料の振込先にしておくと、お金のやり取りから「在籍確認」の証拠になる場合もありますので、参考にしてみてくださいね。

 

在籍確認なしでお金を借りたい!そんなことが可能なの?

審査が甘くてブラックOKの金融会社でも、お金を借り入れを申し込む際には必ず在籍確認は行います。

 

実際に「本人」かどうか、申し込んだ情報に嘘はないかなどと確認するために行っているからです。

 

職場や自宅に在籍確認の電話をされるのは自分にとって都合が悪いことばかり。在籍確認をメール上のやり取りですれば問題がすんなり解決するのではないでしょうか。

 

WEB上で完結すれば問題ない

 

消費者金融で借りると、必ず電話で在籍の確認するケースが多く、会社にバレないでなるべく自分の携帯電話にかけてほしい。と店頭でお願いしている人もいるとのこと。

 

最近はWEB上で申し込みをするとWEB上で在籍確認が取れるというメリットがあるんです。

 

そのメリットを実施しているのが大手消費者金融のモビット
モビットはWEBで申し込むと、電話での在籍確認や契約書などの郵送物は無し。その分、申し込みの際に健康保険などの画像の添付が必要になり、健康保険証が在籍している証拠になるということです。

 

モビットは、一定の収入があれば主婦や20歳以上の学生でも借り入れが可能という比較的ハードルを低く設定しています。

 

大手で安心かつ在籍確認が無いところで借り入れたい場合はモビットを検討してみてはいかがでしょうか

 

銀行のカードローンはどうか

 

銀行のカードローンでも在籍確認を行います。消費者金融とちがい、銀行名で勤務先に連絡するのでさほど珍しいことではないと思います。車のローンや住宅ローンなど、会社に勤めている人は何かしらローンを組んで働いているはずです。

 

住宅ローンを組んだ時にも、会社への在籍確認をするといいますし、勤務先で怪しまれることはまず少ないでしょう。

 

それでも、在籍確認を自分の内に収めたいなら、三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」のテレビ窓口での申し込みであれば、本人と直接やり取りをしているため、電話での在籍確認をする率は低くなるかもしれません。

 

また、楽天銀行のカードローン「スーパーローン」は、借り入れの金額が5万円〜30万円以内であれば電話での確認はなしという情報もありますが、基本的に電話での確認はありますので注意してください。

 

在籍確認は必ずある

 

結局、在籍確認は必ずあります。

 

金融会社側はお金を貸す側であり、借りたお金を回収するのも金融会社の仕事です。

 

お金を回収できなければ、金融会社の損害も大きくなってしまいます。そんなリスクを回避するために、貸した人が勤務先に在籍しているのか?もらった書類に嘘偽りはないかを確認するために行っているのです。

 

在籍確認なしと謳っていても、代わりの証明するものを提出が義務付けられている点から「在籍確認無し」でお金を借りたいというのはあり得ないということを覚えておきましょう。

 

お金を借りることが可能な掲示板とは

お金のやり取りをするのは、金融機関だけではありません。近年はネット販売の代行など個人間でのやり取りが当たり前になりつつあるのです。
物の売り買いが個々でのやり取りでできるのなら、お金のやり取りも個々でできるはず。としてインターネットに存在する「個人間融資」の掲示板

 

その中身を見てみましょう。

 

したらば掲示板

 

文字通り、掲示板の中でお金を借りる人とお金を貸す人がやり取りをするようになっています。

 

「ローカルルール」を一部抜粋

・借り逃げ目的お断り
・個人情報は掲示板に晒さないこと
・質問などは掲示板を使ってください

 

お金のやり取りに必要な最低限のルールは設けていますが、レスの中身は某巨大掲示板と似ていること。
レス主が最終的にお金を借りれているのかは不明ばかり。お金を借りたい人のストレスのはけ口に利用している模様です。

 

個人間融資forLINE

 

したらば掲示板より本格的な個人間融資専用の掲示板。即日にお金が必要な人の情報が掲載されています。
貸したい側はその情報をみて、「連絡する」をクリックしてメールフォームに名前 メールアドレス を記入して、コメントを送るようです。コメントのやり取りは個々で行うスタンスであること。
個々で起きたトラブルは個々で解決することが求められています。

 

パトロンブラザーズバンク

 

個人間融資の掲示板なかで大手のサイトと言われている「パトロンブラザーズバンク」

 

闇金なしとか謳っていますが、感想を見ると怪しい雰囲気があります。
実際に借りられた人がいるのかも不明ですが、どの掲示板もお金をやり取りは全て「自己責任」です。
お金を振り込まれない。お金を返してこないのも全て自分で処理しないといけないこと。ですが、掲示板の中ではまともに運用している模様。

 

掲示板に「安全」はありません。個人情報もダダ漏れであること。安全にお金をやり取りをしようと考えた場合、掲示板がどんな場所なのから皆さんの考え方次第で変わると思います。

 

ネットでのやり取りは危険

 

サイトで一般公開されている通話機能アプリでやり取りをするのは安全とは言いがたい。スマートフォンから個人情報を抜き取る業者が潜んでいる可能性も高く、消費者金融や銀行で借りるよりもリスクが大きいです。

 

しかも個人間融資は違法ではなく合法で運営しています。見るだけなら問題はありませんが、いろいろ策を練ってから利用するようにしましょう。